初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

最適な大会を探す

前のページで、自分が出たい距離が決まったら、どんな大会が開催されているのかを探していきましょう。全国の大会を探すには、代表的なサイトとして、ランネットという、大会エントリーもできるポータルサイトが便利です。

こちらのサイトでは、大会名、開催場所、開催日、距離などで検索することができるので、自分の条件に合った大会を探すことができます。

また、ランニンググッズなどを取り扱うショップやスポーツ関連の施設では、自分の地域のマラソン大会のチラシを置いている所があるので、それらをもらって帰るのもよいでしょう。


開催場所

マラソンのスタート時間は午前中が多く、受付して着替えてウォーミングアップまで入れると、会場へはかなり早い時間に到着しないといけないことになります。

それらを踏まえてエントリーしないと、朝始発で行っても間に合わない場合も出てきます。また、車で行く場合も駐車場の有無、用意されていたとしても、よい場所はすぐに満車になってしまうので、少し余裕を持って出発しなければなりません。

不便な場所の場合で前泊する場合は、エントリー代金を払ってから、宿がいっぱいで、宿の手配ができないということも想定しなければなりません。

できれば、初めての大会では、当日あせらないためにも、余裕を持って到着できる開催地を選ぶ方がよいでしょう。


開催日

マラソン大会は、主に秋〜春に集中的に開催されるので、その期間に多くの種類の大会があります。ただし、エントリー開始日は、何か月も前から始まるので、まだシーズン前からでもマメにチェックしておきましょう。

また、人気のある大会は、すぐに定員いっぱいになってしまいます。できれば、エントリー開始前から出るかどうかの検討をしておいた方がよいでしょう。

また、自分の練習期間が十分とれる開催日を選ぶことも大切です。


距離

距離別の特徴は、前のページで説明したとおりですが、他に確認したいのが、制限時間とコースです。

同じ距離でも、制限時間のきびしいものがあり、途中で関門を設けている大会もあります。関門で指定された時間内に通過できないと、失格となってしまいます。(コースが河川敷などで、制限を超えても走れるような大会もありますが)できれば、初めての大会では、制限のゆるい大会がよいでしょう。

また、コースも平坦な走りやすいコースもあれば、アップダウンのきついコースもあります。景色の変化があまりなく、短い距離を何周も走るようなパターンや、気を紛らわせてくれる要素がたくさんある大会もあります。

実際に行ったことがない場所は景色などわかりませんが、インターネットなどで、去年の大会の感想などを見て、選ぶ基準のひとつとしてみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク

次のページへ 大会のエントリー

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



お役立ちリンク集


マラソン関連本

ページの先頭へ