初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

どの大会にでるか

大会に出場すると決心したら、早速エントリーするのですが、大会には様々なものがあります。このページでは、距離別にどのような特徴があるのかを述べています。前ページで自分のレベルを確認して、どの大会が自分に最適かを見ていきましょう。

5キロ以下の部門

手軽で、初めてのマラソン大会には最適です。また、人にもよりますが、それほど練習期間も必要ありません。大会の雰囲気も経験できて、完走できる可能性も高く、満足に終わるケースが多いでしょう。

ただし、入賞狙いの上級者やフルマラソンの練習の一環として出場する上級者が多い大会では、全体的なペースが速くて、マイペースで走れず失敗するケースも考えられますが、事前に大会の特徴を調べておくなどしていれば、当日あせることも少ないでしょう。

全体的に、距離が短いとそれだけペースが速くなり、このクラスの大会だと、全速力に近いペースで走る人が多いので、手軽な反面、終わった後の疲労感が大きくて、これから走ることをあきらめてしまう人もいるかもしれません。

初めての大会では、一度も歩かない、制限時間までに完走するなど、あまり高設定の目標を立てずにいる方がよいでしょう。


10キロ前後の部門

開催される大会も多く、完走した達成感も大きいので、ある程度練習は必要ですが、健康のためにマラソンをはじめた人には、こちらの方が最適です。

5キロ以下の大会では、練習しなくても、それなりに走れる人が多いので、完走したとしても、これからのマラソン継続には、直接つながりにくいかもしれません。

それに対して、これからも継続して走るには、10キロ程度の大会に出て、練習を通して、走る習慣をつけたいものです。

10キロ前後だと、参加者も多く、大会にもよりますが、様々なレベルの参加者がいるので、自分のペースで走りやすいです。

制限時間のゆるい大会だと、かなりゆっくり走っても完走できますが、その代わり1時間〜1時間半は走り続けられるように練習しなければなりません。

しかし、それくらいのペースが脂肪燃焼に一番有効なので、ダイエットを目指す人は、少し敷居が高いと感じるかもしれませんが、10キロ程度の大会をおすすめします。


ハーフマラソン〜

初めての大会がハーフマラソン、またはフルマラソンという人も少なからず存在しますが、運動習慣のある人がほとんどです。または、身近な人にマラソン経験者がいて、指導の機会があるような人でないと、かなり難しいでしょう。

そのくらいの大会を目指すのであれば、身体のメンテナンスをきっちりやっておかないと、大会に出場する以前に故障してしまい、出場どころか走ることさえ、危ぶまれるような状態になる危険性があります。

できれば、段階を経て、少しずつ身体をつくっていくことをおすすめします。

スポンサードリンク

次のページへ 最適な大会を探す

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



スポーツ関連本

ページの先頭へ