初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

多くの人が痛くなる

痛みの箇所

ランニング・ジョギングを始めた多くの人が難問に直面します。それは、どこかが痛くなることです。

そして、痛みを克服できずに走ることをやめてしまう人もいます。痛みの箇所は人それぞれで、走るから足だけとは限らず、腰や臀部が痛くなる人も多いようです。

もし、あなたが今までまったくどこも痛くないならば、かなり恵まれていると思った方がよいでしょう。


健康のために走るのに痛みが出るとはどうなのか

「健康のために走り始めたのに、足があちこち痛くなって、ついには日常生活でも支障が出だした」

そういう話を聞くと、結局走ることは、身体に悪いという結論に陥ってしまいそうです。

しかし、痛みが出るということは、何か原因があるのです。その原因がマラソンそのものにあるということは少なく、つまり走ったから悪くなったのではなく、走ることによって悪かった部分が浮き出てくることの方が多いでしょう。

痛みが出ないことがベストですが、痛みが出たことによって、自分の身体の状態をチェックすることができます。そして、それは自分の身体を見つめなおすいいキッカケとなるかもしれません。

そして、その痛みを克服した時、痛みを知らずに来た人よりも多くのことを学んでいるはずです。


走る以外の重要性

ランニング・ジョギングが上達するということは、走れる身体を作るということですが、走ることと同じかそれ以上に大切になってくるのが、身体のケアです。

大まかに言うと、どこかが痛くなる多くの原因がケア不足ということになります。ケガの予防やパフォーマンスの向上など、ランニング・ジョギングの上達を目指し、また長く続けたければ、絶対に必要になります。

健康のために走り始めたのなら、ぜひ自分の身体のことに興味を持って、ケアを通して身体の調子を整えていって欲しいです。

スポンサードリンク

次のページへ 痛みの原因@ 柔軟性

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



ランニング障害の本

ページの先頭へ