初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

痛みの原因A 重心

自分の重心を知る

あなたは、無意識な状態で立った時に、足裏に自分の体重がどのように掛かっているか意識したことがありますか?

人によって違いますが、大抵、左右どちらか、また前後どちらかに偏っているでしょう。

これは骨格の問題であったり、筋肉の硬さであったり、クセであったり理由は様々ですが、この偏りが痛みをひきおこしていることがあります。

この偏りは走る時のフォームにも影響してくるので、ある部分にだけ負担がかかり痛みを引き起こすのかもしれません。


日常の生活から意識する

自分の偏りが分かったら、なるべく中心にもってくるように普段から意識しましょう。

例えばどこかケガをしたことがあって、無意識にそこに体重がかかるのを避けている場合には、意識的にまっすぐに掛かるように調整し、体重をかけていきます。

いつも片方の肩にバッグを持つ人は、反対側に変えてみるとか、歩くときにできるだけ重心を中心に持ってくるように心がけるなど、普段の生活から意識していくようにしましょう。

また、柔軟性から生じる偏りもあるので、ストレッチをして、特に伸ばしにくいと感じる部分は念入りに行いましょう。

その他、整体に行くという選択肢もあります。整体師に見てもらえば身体の歪みなどをチェックしてくれますから、自分では分からなかった歪みが発見されるかもしれません。

整体は人によって合う合わないがありますが、合った場合は1回の施術で大きな効果が期待できるので、訪れてみてもよいかもしれません。

また、1回であまり効果を感じなくても、続けていくことで改善されることが多いです。

道具を効果的に使う方法もあります。例えば足裏のアーチの崩れが原因で重心バランスが悪い場合は、自分に合ったインソールを使うだけで、足の疲れや痛みが軽減する場合があります。

少し専門的なインソール売り場には、自分の体重の掛け方を測ってくれる装置がありますので、インソールを作る作らないに関わらず、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

次のページへ 痛みの原因B シューズ

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



スポーツ向けケア製品

ページの先頭へ