初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

痛みの原因B シューズ

合うシューズを選ぶ

合わないランニングシューズを履いていたことが原因で足が痛くなることがあります。合うシューズの選び方はシューズを買おうで紹介していますので、参考になさってください。

人の足は左右まったく同じというわけではないので、靴がオーダーメイドでない限り、ロング走の際、多少指などに水ぶくれができる場合もありますが、普段の練習から水ぶくれや指や足裏の痛みが出るようなら、靴が合っていないと考える方がよいでしょう。

しかしランニングシューズは安くはありません。買い替えるのに抵抗がある人は、インソールを変えるという手もあります。

たかが指先の痛みと思っていても、その痛みをかばうため、フォームが崩れて別の場所が痛くなってしまう場合があります。

また、圧迫がひどく、爪がはがれてしまう場合も少なくありません。そうなると治るまで時間がかかってしまいます。

そうならないためにも、ランニングシューズ選びの時には安易に選ばないで、じっくりと合ったものを探しましょう。

また、シューズの履き方も重要です。紐をしっかり締めて、シューズの中で足が動いたりしないようにし、ただし足先は余裕をもたせて、足首部分を固定するようにしましょう。


レベルの合ったシューズを選ぶ

最近のランニングブームでカラフルで格好いいランニングシューズがたくさん売り出されていますが、自分の欲しいデザインのシューズが自分の足に合っているとは限りません。

また、カラフルで格好いいデザインのものの多くが上級者向けのランニングシューズです。上級者向けのシューズは、安定性は落ちますが、靴底が薄く、軽くて、効率よく走れるようになっている反面、衝撃には弱いです。

上級者はその衝撃に耐えうる筋肉と、スピードによる接地時間の短さで、そのようなシューズを履いていても大丈夫ですが、筋力不足の初心者はダイレクトに衝撃を受けて、故障の原因になってしまうことがあります。

そのため、初心者向けで尚且つ大きさ、巾を自分の足に合わせると、デザインを選んでいる余裕などありません。同じ大きさでもメーカーによって多少違っているため、足にフィットすると感じるシューズはメーカーすら選べないでしょう。


シューズの交換時期

昨日までと同じように走っているのに、なぜか急に水ぶくれができるようになったり、足指が疲れたりするようになったら、シューズの交換時期かもしれません。

長い期間走り続けているうちに、靴底が擦り減り、しかも走るクセがあるので、一部分だけ大きく擦り減ってしまい、着地の際にバランスが変わって、痛みが発生することがあります。

また、シューズを丁寧に扱わず、かかとを踏んだり、鞄にぎゅうぎゅうに詰め込んだりして、変形させてしまい、そのちょっとの差で足に合わなくなってしまう場合もあります。

また、あまり練習しないまま長期間経ったシューズも見かけは新品でも、ゴムが劣化して、期待できるパフォーマンスが出ないどころか、これもどこか痛みを生じてくる場合もあるので、あまり古いシューズもオススメできません。

スポンサードリンク

次のページへ 痛みの原因C 練習量

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



人気のランニングシューズ



ランニングシューズ販売

ページの先頭へ