初めてのマラソン大会に向けての初心者ガイド。エントリーの仕方から、当日準備しておくもの、大会終了後まで。知っていたらもっともっと走るのが好きになる!!

初めてのマラソン大会

初心者ガイド

自分にプレッシャー

人に話して自分を追い込む

マラソン大会に出場することが決まったら、出場することをできるだけ多くの人に話しましょう。誰にも言わず、心が折れて、出場をとりやめるなどという逃げ道を作っておかないことです。

もしかすると、当日応援に来てくれる人がいるかもしれないし、後で結果を聞かれるかもしれません。その可能性があると、人間だれしも格好が悪いのはイヤなので、頑張ろうという気になるのではないでしょうか。


SNSやサークルでライバルを作る

同じくらいのレベルで、同じような時期に走り始めた人達と情報交換することで、励ましあいつつ、相手に負けないように頑張れるかもしれません。

また、SNSなどで、「明日練習します」宣言をするのもよいでしょう。練習後には「練習しました」報告をして、ちゃんと練習したという事実をつぶやくことを習慣にすれば、練習をサボれなくなります。

また、ライバルの「練習しました」報告を見ることにより、自分も頑張ろうと思えるかもしれません。

特に同じ大会にエントリーする場合は、当日も会えるので心強く、また緊張感も生まれます。


当日は誰かに応援に来てもらう

当日、できればコースの後半部分で応援してもらいましょう。スタート直後は元気ですが、だんだんと苦しくなってきます。

時には、歩くかどうかとの葛藤と戦わなければならない場面もあるかもしれません。だんだん周りの人がちらほら歩きだすと、自分も歩いてもいいんじゃないかと悪魔の囁きが聞こえてきます。

そんな時、応援してくれている人がいると分かっていると、応援場所まで頑張ろうと思えるものです。そして、応援してもらえると、元気をもらえるので、最後まで頑張れるでしょう。

スポンサードリンク

次のページへ 多くの人が痛くなる

 HOMEに戻る


スポンサードリンク



お役立ちリンク集


人気の機能性インナー

ページの先頭へ